sekimen_woman


鄭義溶、日本に向けて「加害者が真実を否定したり、歴史を修正することは恥ずべきこと」
2021.11.25. 13:38

鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官(=日本の外務大臣に相当)が25日、日本軍慰安婦おばあさんについて言及し、「加害者が真実を否定して、甚だしくは歴史を修正したり、生存者が世を去るのを待って、(過去の)恥ずかしい行動が忘れ去られるのを望むのは不道徳なことだ」と述べた。 日本を明示しなかったが、事実上、日本軍慰安婦問題に対する日本の態度を狙った発言だ。鄭長官は、同日午前10時30分にソウル中区のホテルで開かれた「第3回 女性と共にする平和國際会議」のビデオによる開会の挨拶を通じて、「人間のあらゆる悪行は、その被害者だけが許することができ、彼らだけがその悲しい過去を乗り越えることができる」と述べた。

ダウンロード_result
鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官

鄭長官は「30年前、故キム・ハクスンおばあさんは、日本軍慰安婦の生存者として被害の事実を初めて証言した」とし、「キムさんのこの勇気ある行動は、同じ経験を持つ多くの生存者の証言へと繋がり、世界中の反響を呼び起こし、彼らを支持する國際的な連帯を引き出した」と述べた。

それと共に「今年の3月、もう1人の慰安婦の生存者であるイ・ヨンスさんに会う機会があった」とし、「イさんの悲劇的な話を聞きながら、彼らの名誉と尊厳を回復し、このような惨劇が絶対に忘れられたり繰り返されないようにしなければならないという重大な責任を感じた」と述べた。

鄭長官は「世界的に続いている紛争下での性●●力の問題を解決する方法は、生存者を中心に置くこと」と言いながら、「生存者中心のアプローチは、生存者の傷を癒し、名誉と尊厳を回復する唯一の方法だ」と述べた。

鄭長官の今回の発言は、日本軍慰安婦問題に対して被害者中心主義による解決を改めて協調する発言と見られる。 我が政府は、日本軍慰安婦問題を韓日間の葛藤ではなく、普遍的なジンケン問題として扱い、國際社会へと問題化させている。 「女性と共にする平和國際会議」は、このような趣旨の下、2018年に発足した「女性と共に歩む平和構想」の一環として、2019年から毎年開催されてきた。











1. 南朝鮮人
今ほど日本に屈せずに対応する時期はなかった

政府はうまくやっていると思う




8
0



2. 南朝鮮人
今度の大統領選挙は韓日戦




7
0



3. 南朝鮮人
日本は韓半島侵略を始めている

私たち全員が団結しなければ、再び植●地になることもありうる




5
1



4. 南朝鮮人
加害者がお詫びと反省をしないのに、反日を止めて未来志向的に進むだと?

被害者でないのなら、そんなことをむやみに言わないで下さい

すべての許しは、被害者だけができるのですから




3
0



5. 南朝鮮人
恥ずかしいと思ったから、そんなことをしたのだろうか?




2
0



6. 南朝鮮人
それで金正恩にはいつお詫びをしてもらえるの?




1
0



7. 南朝鮮人
虚しく過去だけを売る奇妙な人間

また反日する気かな??




3
3



8. 南朝鮮人
鄭義溶さん

中國は、朝鮮センソーを「南侵」(=南に侵略した)じゃなくて、「北侵」と言うんですが、それについて一言ありますか?

親中があまりにもヒドいんじゃないですか?

親中はOKで親日はNGの理由を教えて下さい

あなたのその偏った思想がどれほどヤバいのかを御存じなのか




1
1








翻訳元:DAUM(https://bit.ly/3oTfozI)