food_zanpan


食べ残しのおかずを集めて新しいおかずのように提供・・・光州で有名の韓牛レストランを摘発

客が食べ残した食べ物をそのまま再利用した有名な韓牛専門のレストランが結局摘発された。


食べ残しをざるで濾している様子

光州北区は21日、A精肉レストランの衛生を点検し、食品衛生法違反の事項を多数確認した。

このレストランは血、キムチ、キルムジャン、コチュジャンなど、客が食べ残した食べ物を別の客のテーブルにそのまま載せていたことが明らかになった。

賞味期限が過ぎた一部の食材を厨房に保管していたり、調理空間の清掃が十分でなかったり、無断で営業面積を拡張するなどもしていた。

北区は22日にA精肉レストランに対して営業停止または課徴金を課し、食品衛生法違反で検察に送致する計画だ。

002
食べ残しのタレを戻している様子

このレストランは20日のJTBCの「事件班長」(=番組名)で従業員B氏が映像を情報提供したことで実状が分かった。

映像には客が残していったキムチや赤いタレを再びスプーンで掻いてタレ用の容器に入れる場面が映されていた。また、食べ残したソンジック(=牛の血を入れて煮たスープ)をざるで濾して具を水で洗ったりもしていた。このレストランはポータルサイトの評価で5点中4点台を記録しているという。

情報提供者のB氏は「人が食べることができない器や箸以外はすべてリサイクルされていると思えばいい」とし、「浅漬けのキムチは水で洗われて翌日に使われる。残った唐辛子の破片は切って塩辛に入れる。肉の下に置かれたサンチュは洗って10回も20回も使う」と説明した。

「肝臓やセンマイのように無料で提供されるものまで、すべての食べ物がリサイクルされる」と付け加えた。









  1. 韓国人

    閉店じゃなくて飲食業を禁止させないといけないと思います

    162
    0
  2. 韓国人

    私も北区で15年間飲食業をやってました

    おねがいですからリサイクルはやめましょう

    量を多めにしなくてよいので原価を計算して価格を決めて下さい

    1万ウォン(=約1,100円)以下の低価格帯のレストランではなく、高級な韓牛のお店でしてはいけません

    一日の売上が700万ウォン(=約77万円)ならうらやましいくらいです

    まだ何がほしいのですか?

    40
    0
  3. 韓国人

    あんなゴミ業者は懲らしめなければならない

    28
    1
  4. 韓国人

    店名を教えて欲しい~!

    行かなくてすむのに~!

    25
    0
  5. 韓国人

    あの店主は人じゃない

    10
    1
  6. 韓国人

    良心をどこに投げ捨ててしまったのか

    6
    0
  7. 韓国人

    また全羅道か

    5
    1
  8. 韓国人

    汚い

    3
    0
  9. 韓国人

    廃業が答えだ

    2
    0
  10. 韓国人

    うちの国は中国よりも酷いらしい

    私はいつもそう思う

    2
    0
  11. 韓国人

    全国で観光客が最も少ない地域が光州でしょ?

    食べ物もおいしくなかった

    2
    0
  12. 韓国人

    家畜にもそんなことはしないと思う

    2
    0
  13. 韓国人

    すごいね

    2
    0
  14. 韓国人

    リサイクルはしてないはずという甘い期待を捨てて、残った料理はすべて大きな器にひとまとめにしてリサイクルの可能性を完全になくしましょう

    良心的な店主なら片付けの手間を減らしてくれたから喜ぶはずです

    2
    0
  15. 韓国人

    話になるかよ

    病気の人の食べ残しかもしれないのに

    2
    0
  16. 韓国人

    あの町ではあれが味の秘訣だからね~~

    1
    0
  17. 韓国人

    ぞっとする

    私が家族と外食に行かない理由の一つ

    1
    0
  18. 韓国人

    中国をどうこう言えないね

    1
    0
  19. 韓国人

    韓国では会社や店を経営する人はみんなこんな感じです

    良心なんかゼロでお金のことしか考えてないので

    4
    4




翻訳元:https://n.news.naver.com/mnews/article/031/0000846678





コメントはこちらで
(かんにゅーのコメント用サイトへ飛びます)

トップに戻る