nigaoe_kanu


おすすめ記事























1. スレ主

三国志を読んでみると、中国人の習性が出ています

中国人が関羽を愛している理由も分かります

中国人は信義がないし、義理もないし、体面を損なわれると裏切りを当然と考えるからです

ところが関羽は曹操の6人の大将を斬ってまで劉備のところに帰っていきます

こういう信義と忠節が中国人にはないから、熱狂させるのです

特に、部下達の前で上官が自分を辱めたとき、上官の首を切って敵軍に投降する場面が本当にたくさんあります

それだけ体面が損なわれたら、なりふり構わないということです

体面優先主義に加えて、裏切りを日常茶飯事のように行い、民衆の命はハエより軽いと考えるのが、中国人の習性です

国民一人一人を小さな英雄と考える、成熟した民主主義とは、完全に相反する思想を持っています

結局中国は指導部だけを攻撃すればすぐ瓦解する国です

犬より悪い安倍.....安倍より悪い習近平...奴らの死体はカラス達の餌食になる



2. 韓国の名無しさん

だだっ広いだけですよ



3. 韓国の名無しさん

関羽は曹操から見たら裏切者ですよね



4. 韓国の名無しさん

不愉快でも仲良く付き合うべき孫権に、堂々と諍いを起こす地域の責任者なんて、

君主にとってはマイナスです

地域を引き受けて責任を負う器としては駄目だよ



5. 韓国の名無しさん

三国志を見ながら私が思ったのは、

この人達は国を建てたり国土を広げるために一生懸命戦いますけど、建国理念はどこ?でした

国を経営するには理念が必要だと思うんですが、何もないのです

立派だと言われている諸葛孔明もそうです

曹操の建国理念は、戦争して領土を奪い取る以外に何一つまともなものがなかった

一番荒唐無稽なのは呂布とその養父董卓の話です

女一人のために自分のお父さんを殺害するんですか?

大将になるくらいなら頭も少しないといけないんじゃないですか?

三国志を見てるとおかしなことがとても多いです



6. 韓国の名無しさん

古代時代に建国の理念があるのは非常に稀ですよ?

檀君王倹(※1)の弘益人間(※2)の他にはないと思います

※1 13世紀末に書かれた『三国遺事』に初めて登場する、一般に紀元前2333年に即位したとされる伝説上の古朝鮮の王。『三国遺事』によると、天神桓因の子桓雄と熊との間に生まれたと伝えられる。

※2 大韓民国の非公式な国是で、人間の世界に広く利益をもたらせよという意味。『三国遺事』の檀君神話に登場する。



7. 韓国の名無しさん

三国志の教訓は、中国は分裂してこそ美しいということだけ



8. 韓国の名無しさん

桃園の誓いでさえ、放り出すんですよ?

死ぬ時に一緒に死のうと言っておいて....

信義がないです



9. 韓国の名無しさん

孔子が訳もなく中国から出たのではありません



10. 韓国の名無しさん

昔は三国志を3度読まない者とは世間を論じるなと言われた荒唐無稽な時代がありましたが、

最近は三国志を3回読んだ奴とは付き合うなと言いますね

中国の奴らがほらを吹く小説に過ぎないのに、私達の祖先はあらゆる意味付けをしてしまいました...



11. 韓国の名無しさん

三国志と楚漢戦争(=俗に言う項羽と劉邦)を面白く読みましたが、人物達は魅力的ではありませんでした

すずめの涙ほどの血統で王になるので、感情移入できません



12. 韓国の名無しさん

三国志は小説ですけどね... 



13. 韓国の名無しさん

中国:諦め重視、利益次第で後頭部

日本:前ではぺこぺこ、後頭部炸裂

韓国:窮屈な儒教思想

儒教が悪いということではないが、適度にやらないと



14. 韓国の名無しさん

儒教は祭祀をインターネットでやるくらいですから、そんなに堅苦しい思想ではないと思いますよ



15. 韓国の名無しさん

儒教はただの生活哲学です

それを宗教のレベルまで上げてしまった朝鮮後期の上層部が問題であって、儒教の問題ではありません



16. 韓国の名無しさん

趣旨とは関係ないですけど、疑わしい部分があるので書きます

「部下達の前で上官が自分を辱めるとき、上官の首を切って敵軍に投降する姿が非常によく目に入ります」

自分は三国志を一応読んだ方だと思うのですが、こういう場面ってたくさんありました?

私の記憶ではああいう登場人物はほとんどいなかったです

一人か二人かな

侮辱されて投降する人たちはいても、上官の首を持ってまで投降する場面はそんなに多くなかったはずですが...









引用:https://is.gd/BxhqjW




おすすめ記事